クリームパンソファを張替えました

今回のタイトル、特にそういう名前のソファという訳ではないのですが形がそっくりだと思ったので、一人でそう呼んでいました。他の職人に「クリームパンみたいですよね!」と言ったら、「あー」とか「そうだね」位しかリアクションが無かったですけど一人でそう思っていました。

と言う訳でアイキャッチにもなっている若草色のソファが今回張替えをさせてもらったものです。パッと見た感じ、特に写真では汚れていないように見えますが、よく見ると所々擦れて傷が入っていたり、汚れていたりします。もしかしたら元々はもう少し濃い色をしていたのかもしれません。

image32
座って右手側にはレバーが付いています。後でレバーを操作した所もお見せします!

image33

張替え後はこんな感じです。赤のモケットで張替えました。
モケット生地は手触りが良く、美しい光沢があります。毛足の長い生地は、見る角度によって光の反射の仕方が変わるのでそれがまた面白いです。

image34

先ほど登場したレバーを上げてみました。レバーと聞いてすぐ分かった方も居たかもしれませんが、クリームパンソファはリクライニングソファだったのです。
試しに座らせてもらったのですが、このクリームパンの所以ともいえるもこもこたちが体をホールドしてくれて何ともよい気持ちでした。

リクライニングソファは普通のソファと違い機械仕掛けですし、一見すると張替えなんて無理なんじゃ…と処分してしまう方も多いそうですが、このように綺麗に張替える事が出来ます。例外はもちろんありますが、一度プロに相談してみるのが良いと思いますよ。

それでは。

大北

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です