こんな張替えはいかがでしょう?

今回紹介する椅子は折りたたみ式の座椅子です。
同じような椅子が家にあるという方も多いのではないでしょうか。
というのも、メーカーは違えど似たような形の座椅子が工場に持ち込まれる事が多々あるのです。
他社の事は分かりませんが、これだけ持ち込まれる数が多いと愛知県民は座椅子好きなのかなとか考えてしまいます。

座椅子と言えば和室に置いてある方が多いようで、元の張り生地も、新しく張替える生地も比較的無地を好まれる方が多い様に感じます。実際自分も張替えるならそうするかなと思うのですが、そんな中写真で見て分かる通りこちらのお客様は柄の生地で張替えさせて頂きました。奇抜なようで、でも落ち着きもあるような不思議な生地ですが、確かに選ばれてみると全然悪くない、むしろピタッと合っていると思います。

柄物は個性が強い分飽きが早いというのが通説なのですが、自分が本当に気に入った柄で張替えられた椅子は今までより一層愛着湧く一品になるかもしれませんよ。

image29

image30

今回は塗装もさせて頂きました。濃いめの茶色です。
艶が出過ぎないように少々マットに仕上げましたので、落ち着いた雰囲気で和室にも、リビングにも合うと思います。
是非参考にしてみて下さいね。

大北

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です