年季の入った椅子を張替えました

こちらも少し前に張替えをさせてもらった椅子です。

ご依頼を戴いた椅子は某大学の宿舎で使われていたものを譲ってもらったらしく、写真で見ての通りかなり年季の入ったものでした。
椅子生地も元は鮮やかな青色だったようですが、濃紺のように変色しており、かなり使い込まれているのが分かりました。
外見から座面が低いなと感じていたのですが、座らせてもらうと広めに作られた座と背でかなりゆったり座れます。しかし残念なことにウレタンがかなりへたっていて心材にお尻が直接付いてしまいました。

image19

背中の裏を見てみると手縫いで閉じてあります。もしかしたらミシンがまだ一般に広まっていない時代に作られたのかもしれません。
image18

裏を見てもこれまた釘が使われていて、至る所で時代を感じました。
お客様はかなりの椅子好きで、生地もとても迷いながら選ばれていましたが、選ばれた生地を見ると流石の一言。かなりモダンなチョイスだと思います。木枠はご自身で塗装を落として、オイルを塗るということなので、背と座を外して工場へ持ち帰ります。

工場にて生地をめくってみるとやはりウレタンは粉々になっていました。
新しくウレタンを調節して仕込み、選ばれた生地で張っていきます。背中の手縫い部分は今回はミシンにて縫製し、すっぽりかぶせるようにして張りました。
今回は背と座のみ持ち帰っての作業でしたので、木枠と合わせるまではどきどきでしたが、組み立ても問題なく済みとても喜んでもらうことが出来ました。

image20

image21

大北

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です